ビビリがホラー作家の本を読んだらおもしろかった件

スポンサーリンク

こんにちは、あかりすです

 

 

あなたはホラー小説好きですか??

わたしは大の苦手です(汗)ついでにグロい系も苦手です(汗)

 

 

なので実はハロウィンも若干ニガテ(汗)(汗)

けど、2時間ドラマのようなミステリーや刑事物ドラマは大好き♡

 

 

そんな方へオススメの本です!

 

 

この記事はこんな人にオススメ
  • ホラーやグロい系が苦手な人でも読める本
  • ソフトホラーくらいだったら、怖いもの見たさレベルで興味がある
  • いつも同じジャンルだから、違うジャンルも読んでみようかな?って思っている

スポンサーリンク

「変な家」のあらすじ

変な家 [ 雨穴 ]

価格:1,400円
(2023/6/22 17:10時点)
感想(85件)

オススメするのはこの!! 

変な家【電子書籍】[ 雨穴 ]

価格:1,400円
(2023/6/22 17:41時点)
感想(15件)

↑↑ 今すぐ読みたい方は電子書籍版でどうぞ♡

主人公はオカルト専門のフリーライター(以下、筆者)

 

 

始まりは知り合いから

「不動産(家)を買おうか迷っている」

という相談から始まります

 

 

その家の間取りを見た筆者は、最初はその間取りの不思議さに何も気づかなかった

 

 

しかし、よくよく見ると、おかしな点がたくさんある家だと気づいたところから

建築事務所に勤める設計士『栗原さん』に相談

 

 

栗原さんと話しているうちに、この家は

「殺人を代行するために作られた家ではないか?」

という、妄想にも似た物騒な推理を始める

 

 

まさかな・・・と思いながら、調べに乗り出す

いろいろ調べるうちに1件の殺人事件が浮上

フリーのライターの筆者は編集者と相談ののち、1つの記事を公開

 

 

記事を公開後、ある読者から1通のメールが届いた

メールの送り主は、この家の関係者『片淵さん』

 

 

このメールをきっかけに片淵家の秘密

そして、事件の核心へせまっていく・・・

 

 

というストーリー(*´꒳`*)

変な家 [ 雨穴 ]

価格:1,400円
(2023/6/22 17:10時点)
感想(85件)

↑↑ すべてはこの表紙の図面から始まった!!

 

 

図面と妄想でたどり着く殺人事件

 

 

最初は筆者と栗原さんのただの妄想ともいうべき話により

「この家には虐待されている子がいるのでは?」

という推測がでてきます

 

 

推測から家の構造を見ていくうちに

不思議な空間、窓の数、ベッドの数などから殺人を予想していきます

 

 

本の内容は、会話形式でサクサクと読みやすい文章で

展開に合わせて、図面の画像も会話に合わせて細かく載せてくれているので

最初のページの図面がこうだから、この部屋がこう変わってて・・・

みたいな図面を見返すこともなく、頭の中で図面を広げる必要もなく

止まることなくスラスラと読み進めることができます

 

 

偏見いっぱいで手に取る気にならなかった

 

 

「変な家」っていうタイトルだから、いわゆる「事故物件」がたくさん載ってる

建築系の難しい数字や言葉が並んでいる、怖い系の本だと思っていました

 

 

・殺人者の家の間取り

・幽霊出ますよ系など・・・

 

 

偏見いっぱいで話題になっていても、本屋さんで平積みされていても

手にできなかったんですね

 

 

表紙からして、ちょっと怖そうですし・・・←ここでホラーって気づけませんでした

 

 

九星気学という占いでは家相(家の図面から占う)も見たりします

 

 

間取り自体はいろんなものを見たいと気にはなっていても、建築士でもなんでもないですので、

建築系の専門的な数字や話は興味がなく手に取る気にはなれませんでした

 

 

手に取ってみた

 

 

いつも平積みされている本の横をスルーしていたのですが、

知り合いのインスタに娘さんがこの本を読んだという投稿や

本屋さんでも「今週の売れ筋」みたいなランキング表示にランキング入りなど

いろいろなところで話題になっているのを見ていると覗いてみたくなるもので

ついに手に取ってみました!!

 

 

 

 

怖いもの見たさで、パラパラと立ち読みする予定が

ちょっと立ち読みの予定がページをめくる手が止まらなくなり

そのまま本屋さんで読み終わってしまいそうになるくらいスラスラと読み進めてしまいました

 

 

さすがに本屋の入り口で1冊立ち読みするのも気が引けて購入することに

 

 

家に帰る道中も、もう早く続きが読みたくて読みたくて・・・

 

 

家に一息つく暇もなく、残りを一気に読み切りました!

感想ーなぞは深まってー

 

 

正直、最後の終わりはびみょうな終わり方だったな・・・と思いましたが

一応の解決をして本は終わります

 

 

筆者の視点から書かれている本でしたが、見る人の視点によって

それぞれに読み直したら

ずいぶん違う見え方をするんだろうな・・・と思います

 

 

例えば

・筆者の目線

・栗原さんの目線

・片淵さんをはじめとする、その他の登場人物

・子どもの目線からの見え方

 

 

いろいろな人の立場に立って読み返すたびにいろいろ考えられることが

違ってくるんだろうなと思います

 

 

発売1ヶ月ですでに6刷というのも納得の1冊

 

 

わたし自身はタイトル通り、ビビリなのでホラーはお断りですが

この本は図面しか出てこなく、怖い絵や写真もないので、ビビリでも読みやすくなっています

変な家 [ 雨穴 ]

価格:1,400円
(2023/6/22 18:06時点)
感想(85件)

といいつつ、実はホラーと知らず読みました(笑)

 

 

むしろ、読み終わるまで気付きませんでした(^◇^;)

 

 

作者の雨穴さんは、有名なホラー作家さんだったそうです

けど、ホラー嫌いのわたしでも、この本、おもしろかったです!!

追記

売れに売れて、映画化や続編(?)が出ているようですね

 

 

事故物件が一時ちょっとしたブームになったりもしたので、

余計に注目されたのかもしれませんね

読みやすいソフトホラーとはいえ、映像で見るのは怖いので(効果音とかビビるし)映画に行く勇気はありませんが

これくらいなら・・・

って方は、ぜひ、感想お待ちしています(^^)

ただし・・・

夜のトイレに行けなくなった・・・みたいなお話は受け付けません(笑)

そこまで怖くないかな?!(笑)

スポンサーリンク

コメント