ビビリがホラー作家の本を読んだらおもしろかった件

こんばんは!あかりすです。

 

突然ですが

あなたはホラー小説とか好きですか??

 

わたしは大の苦手です(^◇^;)

なのでハロウィンも若干ニガテ(^◇^;)

 

そんなわたしが今回、ホラー作家さんが書いた

ミステリー小説を読んだら、

めちゃめちゃおもしろくて

一気読みしてしまいました。

 

この本、マジで読みやすくて

おもしろかったです!!

 

マジ全力おすすめ!!

変な家

↑↑この本!画像をクリックで買えます

 

主人公はオカルト専門のフリーライター

(以下、筆者)

 

始まりは知り合いから

「不動産(家)を買おうか迷っている」

という相談から始まります。

 

その家の間取りを見た筆者は

最初はその間取りの不思議さに

気づかなかったけど、

よくよく見ると、おかしな点がたくさんある家だと

気づいたところから

建築事務所に勤める設計士、栗原さんに相談。

 

栗原さんと話しているうちに、

この家は「殺人を代行するために作られた家ではないか?」

という、妄想にも似た物騒な推理を始める。

 

まさかな・・・と思いながらも

いろいろ調べるうちに1件の殺人事件が浮上。

 

フリーのライターの筆者は編集者と相談ののち、

1つの記事を公開。

 

ある読者から届いた1通のメール

この家の関係者「片淵さん」

 

このメールをきっかけに片淵家の

秘密、そして

事件の核心へせまっていく・・・

 

というストーリー(*´꒳`*)

↑↑この図面からすべては始まった!(笑) 

ビビリでも手に取ったわけ

「変な家」っていうタイトルだから

いわゆる「事故物件」がたくさん載ってる

怖い系の本だと思っていました。

 

それこそ、殺人者の家とか(^◇^;)

 

そんで、いろいろ分析してるような本だと思って、

怖くて手にできなかったんですね。

 

表紙からして、ちょっとオドロオドロしい・・・

 

 

家相もかじる、わたしは気にはなっていても

手に取る勇気はありませんでした。

 

そんなとき、知り合いのインスタに

この本を読んだという投稿や

本屋さんでもランキング入りしているのをみて

怖いもの見たさで、立ち読み

 

ページをめくる手が止まらなくなり

そのまま読み終わってしまいそうでした^^;

 

本屋の入り口で1冊立ち読みするのも

気が引けて、購入。

 

一気に読み切りました。

か、かわいくホラーを楽しもう・・・(^◇^;)

ただの図面、ただの妄想・・・

最初は筆者と栗原さんのただの妄想ともいうべき話から

「この家には虐待されている子がいるのでは?」

という推測でした。

 

そこから家の構造を見ていくうちに

不思議な空間や、窓の数

ベッドの数などから

殺人を予想・・・

 

会話形式で進む文章が

読みやすく、

また図面の画像も会話に合わせて

細かく載せてくれているので

 

最初のページの図面がこうだから・・・

ここがこうなって・・・

みたいな想像する手が止まることなく

スラスラと読み進めることができました。

 

ナゾは深まって

正直、最後の終わりはびみょうな終わり方だったなぁ〜

と思いましたが、

一応の解決をして本は終わります。

 

筆者の視点から書かれている本だけど、

これ、いろんな人の視点から見たら

いろいろだいぶ違う見え方をするんだろうなぁ・・・

と思います。

 

栗原さんや片淵さん

その他の登場人物。

特に子どもの目線から事件を見ると

かなり見え方が違っていくんだろうと

何度でも読み返したくなる本でした。

 

そして、その度にいろいろ考えさせられるんだろうなぁとも。

 

発売1ヶ月ですでに6刷なのも

納得でした。

 

ビビリなので基本ホラーはお断りなのですが

この本はビビリでも読めると思います( ´ ▽ ` )

 

↑↑画像をクリックで買えます( ´ ▽ ` )

メルマガやってます♪ポチッとどうぞ

田舎だから…
コミュ障だから…
もう30代だから無茶できない…

なんとなくテンプレ人生を送るんだろうなぁ…

なんてあきらめていませんか?

魅力も強みも分からないし、
そんなもの持ってないから
普通に無難に身の丈に…

なんて、もったいない!!

あなた自身の魅力、
わたしと一緒に見つけてみませんか?

あかりすのブログ

コメント